HOME>消防設備点検

インテックスの消防用設備点検

消防設備を設置した所有者等は消防法に基づき定期に点検を行わなくてはいけません。インテックスでは、経験豊富な消防設備士・消防設備点検資格者等の有資格者が点検を行います。またインテックスでは小さなアパート、マンション、店舗、歯科医院、雑居ビルから大型のマンション、複合施設、学校、福祉施設、ホテル、民拍施設など多くのの消防点検の実績があります。

消防設備保守点検 1回8,000円~

消防用設備点検報告とは

消防法第17条の3の3に「消防設備等点検報告制度」があり、消火器やスプリンクラー設備、自動火災報知設備などの消防用設備が、火災の際に正常に作動しないと人命にかかわることから、定期的に点検し、管轄する消防署へ報告する制度です。

消防設備などの維持管理と定期点検・結果報告は所有者・管理者の義務となります。 火災はいつ起こるか分かりません。日頃からの点検や消防設備の正しい使用方法について訓練を行い万全の体制を組む必要があります。 建物等に設置されている消防設備等は、所有者・管理者などの関係者によって技術上の基準に従って設置し、維持しなければなりません。(消防法第17条第1項)
このため、防火対象物の関係者は、技術上の基準に基づいて設置された消防用設備等について、定期に点検を行い、その結果を定期的に消防長又は、消防署長に報告しなければならないとされています。 インテックスは長年に渡り、消防設備の点検業務を行ってまいりました。点検から消防署への報告までオーナー様と協議をしながら適切な消防設備の維持管理業務を行います。

消防用設備の点検期間

消防設備の点検期間は、1年間に2回必要となります。

機器点検(6カ月に1回以上)

総合点検(1カ年に1回以上)

消防用設備点検結果報告書

消防設備点検が終了したら、点検結果の報告書を作成します。また点検時に発見された不備箇所等があれば、改修のお見積書を作成、ご承認後に速やかに整備を行います

消防設備等の点検は年2回行い、その結果を「消防設備等点検結果報告書」として作成、消防長又は消防署長に報告(提出)しなければなりません。

点検報告サイクル

報告は特定防火対象物の場合は1年に1回、それ以外の防火対象物の場合は3年に1回消防署に報告(提出)することとなります。
◎特定用途防火対象は、1年に1回 デパート、ホテル、病院、老人ホーム、劇場、飲食店、地下街など
◎非特定用途防火対象物は、3年に1回 工場、倉庫、共同住宅、駐車場、図書館、学校、事務所など
消防署に正副2部の消防設備点検結果報告書を提出すると、1部は消防署で保管され、もう1部は受付印の判を押されて返却されます。副本としてお客様で保管することになります。



消火器の設置・廃棄

消火器の破裂事故にご注意!

消火器を安全で確実にお使い頂くためにも、8年を経過した消火器は交換してください。製造年は本体に表示されています。状況によっては8年以内であってもサビや傷があるものは交換が必要です。

消火器の耐用年数は約8年です。

○消火器にサビ、腐食、変形があるもの

○キャップにゆるみがあるもの

○本体に表示してある耐用年数を過ぎたもの

事例1/平成21年9月15日 大阪市内の駐車場に置いてあった古い消火器が破裂し、小学生が重体となる事故が発生しました。

事例2/平成21年9月16日

福岡県で67歳の男性が、大阪市の事件を知り、自分で処理しようとレバーを握ったところ、底部が破裂し負傷した事故が発生しました。 原因/事故が起きた消火器は、粉末ABC10型加圧式消火器といいます。

消火器も点検が必要です

消防法で設置が義務付けられている防火対象物では「消火器の点検と報告」が定められています。点検および報告の義務(消防法第17条の3の3)

防火対象物の関係者は、その防火対象物に設置されている消火器具について、総務省令で定めるところにより、定期的に、政令で定めるもの(施行令第36条)にあっては乙種第6類の消防設備士又は第1消防設備点検資格者に点検させ、その他のものにあっては自ら点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告しなければならない。 点検の内容と期間(消防庁告示第2号・平14.3.12) 消防法第17条の3の3の規定による消火器の点検は、機器点検により、6ヶ月に1回以上行うものとする

消火器の回収・リサイクル

2010年より「廃消火器リサイクルシステム」の運用が始まりました。 現在使用されている消火器を廃棄する場合はリサイクルシールを購入して貼付する必要があります。 廃消火器は回収された後、適切な処理を行い材料ごとにリサイクルし、その容器及び消火薬剤のほとんどがリサイクル製品としてまた活躍されます。





インテックスが選ばれる理由

 40年の圧倒的な実績

 コストの削減が得意

 自社技術員による施行

 素早い対応

 明瞭な料金システム

 継続率99%が自慢




消防設備点検料金例

インテックスの消防設備点検は、自社技術員により中間マージンをカット高品質なサービスを低価格で提供しております。詳しくはこちら

種類:事務所ビル
(船橋市)

規模:5階建て

点検料金:35,000円/1回

種類:雑居ビル
(浦安市)

規模:4階建て

点検料金:38,000円/1回

種類:アパート
(市川市)

規模:2階建て

点検料金:10,000円/1回







  

消防設備点検・消防設備工事エリア

東京都:足立区,荒川区,板橋区,江戸川区,大田区,葛飾区,北区,江東区,品川区,渋谷区,新宿区,杉並区,墨田区,世田谷区,台東区,中央区,東京都千代田区,豊島区,中野区,練馬区,文京区,港区,目黒区,その他
千葉県:野田市,松戸市,流山市,柏市,鎌ヶ谷市,市川市,我孫子市,白井市,船橋市,浦安市,印西市,八千代,習志野,千葉市,成田市,佐倉市,千葉県,四街道倉市,酒々井町,その他
埼玉県:川口市,さいたま市,八潮市,.三郷市,草加市,吉川市,松伏町,越谷市,その他
茨城県:つくばみらい市,取手市,守谷市,牛久市,竜ヶ崎市,その他

営業エリア

東京都:千葉県:埼玉県:茨城県

連絡先

INTEX株式会社
TEL:047-312-1581
千葉県松戸市馬橋3-48-5
平日:09:00〜18:00